【速報】試合情報

2018.11.15 記事追加

19歳にして主力スタメン、そして先輩と共にアジアチャンピオン勝ち取った安部裕葵のインタビュー

鹿島ACL初制覇。19歳の安部裕葵にとって自身初タイトルがもたらすもの(GOAL)
海外からお呼びがかかるのも(既に水面下ではオファーが来てると思うけど、鹿島側が容認してない状態だと推測してるけど。泣)時間の問題か・・

19歳にしてチームに欠かせない存在へと成長。世界の大舞台で存在感を示しました。裕葵、お願いだからあと1年でも鹿島に残留してね!!(切実)

追加記事

ハードスケジュールといわれていた鹿島アントラーズの選手のなかでも、特に忙しかったのがこの人物だったかもしれない。

 U-19アジア選手権の4強入りに貢献したのち、ACL決勝に臨むためにひと足早く帰国した鹿島アントラーズの安部裕葵。11月10日(現地時間)、イランの首都テヘランのアザディ・スタジアムで開催された"完全アウェー"の環境下でも落ち着いたプレーをみせた19歳は、鹿島として初のACLタイトル獲得に貢献した。

 弱冠19歳のプレーヤーに、米スポーツ専門チャンネル「FOX SPORTS」のアジア版は決勝戦第2戦の採点で、10点中7点をつけている。鹿島では10点中8点を獲得した昌子源がトップで、安部はそれに次ぐ7点タイで、レオ・シルバ、クォン・スンテとならぶ高評価だ。

「鹿島の"眩いばかりの輝きの源"である19歳プレーヤーの安部は、ファンタスティックな活躍をみせた。攻撃面のいたるところですばらしい、絶対的なスキルを発揮した。

 しかしながら、彼がこの試合でみせた最大の素晴らしいプレーは、何度もフィールドを駆け上がり、自陣に戻るというハードワークに身を呈し、クラブ悲願の結果に貢献したことだろう」

また、意外なところからも祝福が送られていた。

 2017年に安部がU-19日本代表の一員として参加したトゥーロン国際大会の公式HPが「安部が鹿島アントラーズとともにアジアの王者を勝ち取った」と報じ、若き日本人選手の活躍に目を細めているのだ。

「ACLのトロフィーは日本に渡った。 鹿島アントラーズは、イランのペルセポリスとの戦いで初めての栄冠を手にした。

 日本で開催されたホームゲームの第1戦を2-0で勝利した鹿島は、イランのペルセポリスのホーム、アザディ・スタジアムのスタンドを埋めた約10万人の観衆の前で、非常にピリピリした雰囲気の中での第2戦を余儀なくされた。

 それにもかかわらず、果敢な日本人たちは最大級の幸福が得られる、ヘヴンに至るための引き分けを手にしたのだ。

 2017年のトゥーロン国際大会で、今後間違いなく偉大な選手になるであろう存在感を残した安部裕葵は、第1戦に引き続いて出場し、引き分けという勝利を手にする結果に貢献している。

 19歳にして日本の若きMFは彼自身のキャリアで最初の巨大なトロフィーを獲得した。来年はU-20ワールドカップに参加する権利をも手にしている」

 1年前の同大会、U-19日本代表は2分1敗という結果でグループステージで敗退している。安部は3試合に出場しており、ゴールこそなかったものの、「鋭いドリブルと飽くなきゴールへの執着を示した」と評されていた。

 フランスの若手が集う大会でも印象を残していた19歳。来年のU-20ワールドカップに参加できた折りには、さらに強烈な印象を残すに違いない。

はい、今回は『GOAL』が若手の注目株ナンバーワンである安部裕葵にフォーカスした記事をアップしていたのでご紹介。

高校生時代は、名の知れた選手ではなかったものの、鹿島のスカウト陣に「柴崎岳のようなものを感じる」と見いだされ、鹿島に入団。そこから自前の吸収力でメキメキと頭角を表し、アントラーズで急成長。それもあって、自身初のU19にも選出。もはやチームに欠かすことのできない唯一無二の存在に。

そこで今回、初タイトルを掴んだ感想を“安部裕葵独占インタビュー”という形。(裕葵サポの鹿女は即効チェックしましたよ!)

イランの古豪・ペルセポリスを倒してのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇。このタイトルは鹿島アントラーズ史上初であり、そしてクラブ通算20冠目でもあった。11日、イランのアザディスタジアムで歓喜を味わった19歳。J1・2年目の安部が、自身初となった鹿島でのタイトルに確認した思いとは。

普段、感情を露わにすることのない19歳が、声を枯らしている。

11月10日ACL決勝セカンドレグで先発を務めた安部裕葵だ。瀬戸内高校時代は注目を集める選手ではなかった。しかし、インターハイでの活躍で鹿島のスカウトの眼に止まった。「当初オファーをした同じポジションで違う選手に断られて、裕葵に声をかけさせてもらった。非常に失礼な形だと説明し、承諾してもらえた」と鹿島の椎本邦一スカウト部長は振り返る。

しかし、安部は予想以上の成長を遂げて、U-19日本代表としてU-20 W杯出場を決めて帰国。この日に備えた。「(柴崎)岳に似たものを感じた」と椎本部長が語るように、独特な雰囲気、オーラをまとった選手だ。誠実に丁寧に取材にも応じてくれるが、感情的になることはほとんど見たことがない。

そんな安部が、ACL優勝というタイトルを手にし、少し興奮していた。

「初めてのタイトルで、超盛り上がっています。今抑えていますけど(笑)。今日試合が始まる前にレオ(シルバ)が、『たとえ相手のサポーターが何人いようがピッチに入ってくるわけではないし、コートの中は22人で戦うんだから、何も気にしなくていい』と話していた。そういう声があって、10万人の観客にも負けずに戦えたんじゃないかなと思います。

今日はリスクを負わないサッカーをすることをみんな意識していた。とにかく失点をしないこと、押し込まれる展開もありましたけど、我慢し続けること。俺たち我慢するということに関しては、とっても得意ですし、集中力を継続させるのが得意だと思うので、我々鹿島らしい戦い方だったんじゃないかなと思います。

声はほとんど通ってないんで、選手一人ひとりが試合の雰囲気を読み取り、同じ方向を向いてプレーすることができた。チームメイトが味方に与える力もある。経験ある先輩たちは周りに伝染させる力を持っていて、僕はそれを感じ取りながらプレーしました。先輩たちに感謝しています」

■勝つためのサッカーを躊躇なく選ぶチーム

この日は攻撃陣にとっては見せ場のない試合だった。

ロングボールを蹴る相手に、鹿島が選択したのは、セーフティファースト。ボールロストのリスクを伴う、ビルドアップはもちろん、バックパスもせず、自陣からボールを遠ざけた。そういう勝つためのサッカーを躊躇なく選び、実行するのが、20冠目を獲得した鹿島の真骨頂だろう。そんな強豪クラブで、安部は日々磨かれている。そして、初めてのタイトル。やっと鹿島アントラーズの一員として認められる。

鹿島ACL初制覇。19歳の安部裕葵にとって自身初タイトルがもたらすもの(GOAL)

「鹿島はタイトルを求められるクラブ。プレッシャーや責任感もあります。そして、今日のような試合前のピリピリしたムードもあるなか、こういう大舞台に慣れている先輩方が多いので、それは僕にとってはすごく心強かったです。僕自身タイトルを獲った経験がなくて、想像よりも、ずっと気持ちがいい。あの瞬間、笛がなった瞬間は今後も忘れないと思います。そして、ああいう経験をこれから何度も味わいたい。きっと僕らだけでなく、ファンやサポーターも見ていてすごく、気持ちがいいと思うので、そういう喜びを与え続ける選手になれたらいいです」

数々のタイトルを手にする鹿島の選手たちに聞くと、最初のタイトルの印象が強く残るようだ。その試合に挑む、先輩が作る空気やピッチで表現される闘志など、学ぶことは多い。そして、タイトルを獲得した瞬間の喜びこそが、「もっと獲りたい」というモチベーションとなり、勝利者のメンタリティを生むのだ。

鹿島の一員となったとき、安部に埋められた種がこの日、芽吹いたに違いない。勝つことはたやすくはない。しかし、それを目指すのがプロのあるべき姿なのだと。

そして安部の成長こそが、来年のU-20W杯や東京五輪を戦う日本代表にどんな影響を及ぼすのか、今から楽しみだ。

■FW 30 安部裕葵(あべ・ひろき)
1999年1月28日生まれ、19歳。171cm/65kg、東京都出身。城北アスカFC→S.T.FC→瀬戸内高を経て2017年鹿島加入。J1通算33試合出場3得点。

文=寺野典子

安部裕葵の関連記事

0

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ