【速報】試合情報

対戦相手が語る鹿島の「強さ」

レイソル小池「差を見せつけられました」痛感した鹿島との“泥臭さ”の差とは?

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

終わってみれば、またも勝てなかった。2-3で敗れ、勝点1さえ上積みできなかった。「結果」を残せなかったことで、小池は次のような鹿島との差を感じていた。

「最後のところで、もう一つ、体を投げ出したり、ぶつけたり、押し込んだりしないといけない。きれいな形でなくていいから、守るところ、決めるところは、泥臭くやらなくてはいけなくて、そこは相手のほうが勝ったというところは、DFである僕としても反省すべきところでした。そういうったところで、チームを救えなかったことがすべてかなと思います」

 運もあるかもしれない。が、その過程にも課題があると言う。

「体にぶつかるとか、股を抜けるとかは『運』ももちろんあります。ただ、そういうところに最後まで帰る、枠にボールが飛んでもラインを越えるまで諦めないっていうところ(伊東純也のシュートが、小田逸稀にヘディングでクリアされる)。常にそういった戦いをやってきているのが鹿島。そんな選手たちが揃っているからこそACL決勝に行ける、その差を見せつけられました。もっと泥臭くやらなければ勝てない相手だと、全員が分かったというか……。もちろん僕たちがやっていないわけではないけれど、もっとやらなければいけないと、改めてもう一度勉強させられました」

前節のレイソル視点の記事。鹿島の不動の強さが語られているところを抜粋。ACLに備えて主力温存がテーマのなか、若鹿が躍動した試合。

一人ひとりが体を張ってコミュニケーションを密にとって、本当によく闘ってくれましたね。特にセレッソ大阪戦に引き続き、スタメン先発した小田逸稀のプレーが個人的には印象的だったかなぁ。

みんなの活躍が本当に嬉しい。こんな若鹿たちにチャンスが巡ってきたのも感慨深い!やっぱり鹿島は鹿島!これからもジーコスピリットを愚直に体現していって欲しい。

柏レイソル戦の関連記事

0

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ