【速報】試合情報




セレッソ大阪戦(10/31)情報まとめ

今週末にACLを控える、我らが鹿島アントラーズ。大会初制覇に向けての“弾み”をつけるうえでも大事な試合。ここ3試合の不調ぶりを払拭し、勝利を手繰り寄せてほしい。

以下、10月31日鹿島スタジアムで行われる、Jリーグセレッソ大阪の情報まとめ。

予想スタメン発表!

【試合前】Jリーグ第31節セレッソ大阪戦プレビュー(サポのネットの声まとめ)

故障者/鹿島=内田、中村、伊東、レアンドロ C大阪=松田 出場停止/鹿島=なし C大阪=なし

J1リーグ 第31節
鹿島アントラーズ―セレッソ大阪
10月31日(水)/19:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(30節終了時点):5位 勝点46 13勝7分10敗 43得点・37失点

【担当記者の視点】
 リーグ優勝の可能性はすでに消滅も、来季のACL出場権獲得のために、勝点2差で迫る7位のC大阪はなんとしてでも叩いておきたい。

 ただ、チームはACLも並行して戦っており、C大阪戦(31日)、ペルセポリスとのACL決勝第1戦(11月3日)、柏戦(6日)、ACL決勝第2戦(10日)と連戦になる。

 現状では内田や中村といった選手たちが負傷離脱しており、苦しい台所事情。ACL決勝を見据えると、大幅にメンバーを入れ替えてC大阪戦に臨むことが予想される。

 前線は金森、山口の2トップとなり、中盤の両サイドは田中と久保田の人選になりそうだ。最終ラインも左SBに町田が入るなど、ターンオーバーとなり、大岩監督は「チーム全体で戦う姿勢は変わらない。これまでどおり総力戦で勝ちにいく」と力強く話した。

引用元:【J1展望】鹿島×C大阪|ACL決勝を控える鹿島は「総力戦」で勝負。C大阪は清武が欠場か

やはりACLに向けて主力を温存。予想2トップは金森と山口とのこと。管理人が個人的に注目している山口一真がスタメンに名を連なり、見ごたえのある試合といえる。このふたりの攻撃面の連携がスムーズにいくことに期待しよう。

※下記、金森のインタビュー動画有り。

そして中盤には、久保田・田中と新鮮な人選となっている。この機会に思い切りプレーしてくれればと思う。

【動画】試合プレビュー

アントラーズ公式情報

  • 中田CROがFW金森健志に試合前のインタビュー
  • 翌日の試合に向けての練習風景
  • 更新情報プレビュー
  • ピックアッププレイヤー『昌子源』

    【試合前】Jリーグ第31節セレッソ大阪戦プレビュー

    「見ての通り、チームに迷惑をかけてしまった。後半の入りから押し込まれた中で3失点をしたことは反省しなければいけない。自分のところからも失点をしているし、個人的な反省点も多い」

    待望の帰還を遂げたチームリーダーは、己の不甲斐なさから目を背けようとはしなかった。10月24日、水原三星との死闘。8分間で立て続けに喫した3失点は、腕章とともに戦いの場へと足を踏み入れた背番号3にとって心底悔しいものだった。CKのマークを外されて逆転のヘディングシュートを突き刺され、その7分後には百戦錬磨のエース・デヤン ダミヤノヴィッチに置き去りにされてしまう。

    「前に出て、奪い切る守備ができなかった」。イメージと現実の乖離、まだ埋めきれていない心身のギャップから突破を許した事実――。それに気付かされた時には、3つ目のスコアが刻まれていた。

    (中略)

    「3ヶ月休んだ後の(先発)2試合目で、フィーリングは徐々に合ってきている。状態を100%に持っていかないと。そのためにできることをやっていきたい」

    復活の横浜FM戦、そして先発復帰を遂げた20日の浦和戦と、追い求めた結果を掴むことはできなかった。そして、冒頭の水原三星戦。3失点を喫した悔しさと不甲斐なさが胸に去来する中、それでも昌子は前向きのベクトルを放ってみせた。「迷惑をかけてしまったけど、試合を重ねるごとにフィーリングを合わせていけるのは大事なこと」

    強がりでも、もちろん過信でもない。勝負のシーズン終盤、自身の力がチームに不可欠だと自負しているからこそ。アントラーズの3番を纏う責務の重さを、己の背中で受け止め続けてきたからこそ――。

    「目の前の試合に集中することで、次につながる。これからもずっと、総力戦」昌子はそう言って、目前の勝利を掴み取ることを誓う。今夜は10月最終戦にして、5試合ぶりに帰還するカシマスタジアムでの90分だ。背番号3がピッチに立てば、それは3ヶ月ぶりの聖地への帰還を意味する。慣れ親しんだ戦いの舞台で、復帰後初勝利を――。復活を遂げたチームリーダーとともに、アントラーズが加速する。

    引用元:FREAKS+

    ネット上のサポの声まとめ

    0

    にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ