【速報】試合情報

敵地に乗り込んだ鹿島アントラーズ。怒濤のブーイングの中でも、冷静にプレーしたクォン・スンテ。

“それ”は現地に遠征したサポーターも驚く、怒号のような凄まじいものだったよう。テレビ越しで観戦した、管理人も心配するほどの熱気であった。

厳しいアウェーの環境のなか、それでもクォン・スンテは落ち着き払ったプレーで前半を無失点に抑える。そして、エンドが代わる後半。ハーフタイムが終わり、クォン・スンテが自分の持ち場へと向かう。ゴールの裏には、水原三星のサポーターたちがいる。やはり、特大のブーイングが聞こえてくる。

その時、クォン・スンテは掲げた手を静かに二度、合わせて、水原三星サポーターに向かって、丁寧にお辞儀をした。

それがどんな意味を持っていたのかは、本人に話を聞くことができなかったので知る由もないが、少なくとも嫌みな感じはまったくなく、実に紳士的で、相手をリスペクトするような振る舞いだった。

引用元:【鹿島】大ブーイングを響かせた水原三星サポに対し、クォン・スンテが示したある行動

まさしくスンテの人間性が垣間見れる瞬間だった。いつも笑顔をたやさない真意こそ、相手を敬う謙虚な気持ちあってこそ。鹿島サポとして誇りに思う。

以下、サポーターのコメントです。

サッカー選手として、人間として、さらに彼の魅力に魅せられてゆく管理人であった。これを機に『スンテ押し』のサポーターが増えるでしょう!

0

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ